護摩祈願と先祖供養・永代供養

祈願と供養

  • HOME »
  • 祈願と供養

IMGP0765

太山寺ご本尊 十一面観世音菩薩

苦しんでいる人をすぐに見つけるために頭の上に11の顔があり、全方向を見守っています。またそれぞれの顔は人々をなだめたり怒ったり、励ましてくれたりするといわれています。十種勝利(現世利益)と四種果報(死後成仏)という様々なご利益があり、千手観音菩薩と並んで人気の高い観音である。六観音の1つに数えられ、修羅道に迷う人々を救います。

奈良時代から多く信仰されるようになり、延命、病気治療などを願って多く祀られるようになりました。

ちなみに頭上面のうち前3面を菩薩面、左3面を瞋怒面、右3面を狗牙上出面(くげじょうしゅつめん)、うしろ1面を大笑面といい、頂上に仏面を配して11面です。中には本面とあわせて11面となる場合もあります。また11面の配列が異なる場合もあります。 大笑面は、悪行を大笑いして改心させ、善の道に向かわせるといわれています。

太山寺の仏さま

 

PAGETOP
Copyright © 門司太山寺|北九州市門司区 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.