令和4年9月17日午前11時より太山寺秋季彼岸法会『万灯万華会併大護摩祈禱会』を厳修致しました。

1日の新規感染者数は減少傾向が続くとは言えコロナ禍に加え、大型で強い台風14号の接近の予報が出される中、遠近よりご参拝いただいた信心の篤き檀信徒の皆様と共に、至心に祈りを捧げました。

『いろは歌』斉唱の中、献灯・献花・献香、十一面息災護摩供では世界平和、萬民豊楽、諸願成就をご祈念。万灯万華会では『万灯万華和讃 五部合唱』を参詣者一同で奉詠。堂内いっぱいに荘厳されたお灯籠と供華にご先祖様への感謝、家内安全、開運隆盛などの願いを込め、一つ一つのお明かりが虚空を照らし曼荼羅の諸尊が御参拝者の皆様の心にも明かりを灯し、光と花で満たされて響き広がっていくようでした。

高野山万灯会の願文 『虚空尽き 衆生尽き 涅槃尽きなば 我が願いも尽きなん』との大誓願を立てられて永遠の修行に入られました。現在も高野山奥之院で深い禅定に入られて私たちに救いの御手を伸べ賜うお大師さまに報恩の誠を捧げ、今年も皆様のご協力の上にこの法要が大きな感動と喜びの中、無魔成満いたしました。